漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「恒/恆」という漢字
「恒/恆」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「恒」は中学生で習います。「恆」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つね

 ア:「いつでも変わることなく同じであること」、「一定している」、「不変

 イ:「いつもそうであること」、「普段」、「日常

 ウ:「特別でないこと」、「普通」、「平凡

 エ:「昔からそのようになるとされていること」、「習慣

 オ:「他の例と同じように、その傾向のあること

②「つねに(いつも、永久に)

③「つねにする(変えない)

④「つねとする(普通のこととみなす)

⑤「久しい(長い時間がたっている)」、
  「永久(いつまでも限りなく続くこと)」(例:恒久)

⑥「易の六十四卦の1つ。永久に変わらないかたちを表す漢字

成り立ち

会意兼形声文字です(忄()+亘())。「心臓」の象形と「月が天空の一方から

一方へわたる表す文字(亙
)」(「一方から一方へ常にわたる」の意味)から、

いつも変わらない心」、「つねに(不変)」を意味する「恒」という漢字が成り立ち

ました。

※「恆」の字形を誤って「恒」となりました。

※「恆」は「恒」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「つね」、「つね(に)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
たけ」、「ちか」、「のぶ」、「ひさ」、「ひさし」、「ひとし

画数

9画」(恒)

9画」(恆)

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る