漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「姫/姬」という漢字
「姫/姬」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「姫」は中学生で習います。「姬」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひめ

 ア:「天子(天下を治める者)のむすめ」、「身分の高い人のむすめ

 イ:「女子の美称(価値のあるものとして尊敬して用いる言葉)」(反意語:彦)

 ウ:「遊女(歌や踊りにより客を楽しませ、客との性行為をも行う女)

 エ:「小さくてかわいらしいものにつける言葉」(例:媛百合)

②「きさき(天子の正妻。皇后)

③「そばめ

 ア:「本妻以外にそばに置く妻

 イ:「天子などのそばにいて身の回りの世話をする女性

④「中国古代の王、黄帝の姓。姫水のほとりにいて、姫を姓とした。

⑤「周の王室の姓。姫は、跡(あと)の意味で、周の先祖の后稷(コウショク)
  は、母が巨人の足跡を踏んで産んだ子なので、姫を姓とした。


成り立ち

会意兼形声文字です。「2つの乳」の象形と「両手をしなやかに重ねた女性」の

象形から、「子を養い育てるができる女性」、「ひめ」を意味する

「姬・姫」という漢字が成り立ちました。

※「姫」はもと、別字(女+臣(「しっかり開いた目」の象形で「家来」の意味))
 で「慎む」の意味を表しましたが、のちに、「姬」の略字として用いられる
 ようになりました。

※「姬」は「姫」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「」、「シン」、「イ(姬のみ)

訓読み:「ひめ

画数

10画」(姫・姬)

部首

女(おんな、おんなへん(女偏))

「女」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る