漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「啓」という漢字
「啓」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「啓」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひらく

 ア:「開ける」、「開放する

 イ:「わからないことを教えて導く」(例:啓発)

 ウ:「広がる」、「広げる

 エ:「始める」、「おこす」、「始まる

②「軍隊の先鋒」、「先頭に立つ部隊」(反意語:殿)

③「先払い(前払い)

④「申す」、「申し上げる」(例:拝啓)

⑤「公文書(国や地方公共団体の機関または公務員が、
  その職務上作成する文書)


⑥「上申書(じょうしんしょ官公庁や警察などに対して、法的な所定の手続きなど
   によらずに単に申し立てや報告などを行うための書類や報告書)


⑦「出発する」、「身分の高い人の外出の敬称(尊敬の気持ちを込めて、
  使う言葉)


⑧「立春・立夏の気候(気温・降水量・風など)

成り立ち

会意兼形声文字です(()+攵(攴)+)。「片開きの戸の象形と右手

の象形
」(「手で戸を開く」の意味)と「」の象形から、「口を開いて物

言う
」、「開く」を意味する「啓」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「ケイ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ひら(く)」、「もう(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「さとし」、「たか」、「てる」、「のぶ」、
のり」、「はじめ」、「はる」、「」、「ひで」、「ひらき」、
ひらく」、「ひろ」、「ひろし」、「ひろむ」、「よし

画数

11画

部首

口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る