漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「呉/吳」という漢字
「呉/吳」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「呉」は中学生で習います。「吳」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かまびすしい(やかましい)」、「大声でいう

②「大き

③「華やかに(明るく美しく)楽しむ

④「国名

 ア:「周代に、周の太王の長子太伯が今の江蘇省地方に建てた国
    で、呉(今の江蘇省蘇州市)を都とした。紀元前12世紀から、
    夫差王が自殺する紀元前473年まで続いた。


 イ:「三国時代、孫権が長江下流に建てた国で、建業(今の南京市)を都
    とした。晋(シン)に滅ぼされるまで、約60年続いた。(222年-280年)


 ウ:「五代十国の1つ。楊行密が建てた国で、揚州を都とした。
    36年間続いた。(902年-937年)


⑤「地名。昔の呉の地名。江蘇省の別名

日本のみで用いられる意味

⑥「くれ

 ア:「昔、日本で中国(主として東南地方)をさして呼んだ名前

 イ:「中国から渡来した事に添える語」(例:呉竹、呉服)

⑦「くれる(人が自分に与える、自分が人に与える)

成り立ち

象形文字です。「頭に大きなかぶりものをつけて、舞い狂う」象形から

やかましい」、「はなやかに楽しむ」を意味する「呉」という漢字が

成り立ちました。

※「吳」は「呉」の旧字(以前に使われていた)です。



読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「くれ」、「く(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「くに

画数

7画」(呉・吳)

部首

「呉」の部首
①「八(は、はち、はちがしら(八頭))

「八」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

「吳」の部首
口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る