漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「華」という漢字
「華」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「華」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はな(花)」、「の花の総称

②「花が咲く

③「はなやか

 ア:「花が開いたように、明るく人目を引きつけるさま」、
   「美しい」、「見事」(例:豪華)

 イ:「表面・外面だけの美しさ」(例:華言)

 ウ:「勢いなどが盛んなさま

 エ:「きわだって(目立って)はっきりしているさま

④「いろどり(色の配色)」、「つや」、「飾り」、「模様」、「輝き」(例:光華)

⑤「栄える(勢いが盛んになる)」(例:栄華)

⑥「名声(高い評価)を得る

⑦「白い」、「白い粉」、「おしろい(女性が顔や首筋などに塗布して
  肌を色白に見せるために使用する化粧品)


⑧「裂く(破る)

⑨「中国の自称」、「中国の意味

⑩「中華(中国人が自国をよぶときの美称。漢民族が自己を世界の中心
  とする意識の表現)の略


⑪「木の名前。樺(かば)

⑫「山名。崋山(五岳の1つ)


[花・華の使い分け](はな)

」・・・「植物のはな」、「美しいものの例え」(例:生け花、花の都)

」・・・「そのグループで最も優れているもの」、「グループの代表
      (例:武士道の華)

成り立ち

会意兼形声文字です。「生え」の象形(「」の意味)と「木の花

や葉が長く垂れ下がる象形と弓のそりを正す道具の象形(「弓なりに曲がる」

の意味)
」(「垂れ曲がったの花」の意味から、「はな(花)」を意味する

「華」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「」、「

常用漢字表外:「

訓読み:「はな

常用漢字表外:「しろ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きよ」、「」、「はる」、「ふさ」、「よし

画数

10画

部首

(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る