漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「麻」という漢字
「麻」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「麻」は中学生で習います。「麻」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「あさ(お。たいま。高さ2~3メートルに達するクワ科の植物で、
  その皮の繊維(細い糸状の質)をとって糸を造ったり布を
  織ったりする。実は食用としたり鳥の飼料にしたりする。
  インド産のものには麻酔性物質を含むものがあり、これで
  麻薬をつくるがある。麻薬は脳の神経回路を破壊する。)


②「あさいと(あさの皮から取れる繊維)

③「あさぬの(あさいとで織った布)

④「あさの帯(喪服を着た時、首と腰に巻くあさの帯)

⑤「ごま(ゴマ科の一年草。種子は食用とされ、搾った油はゴマ油
  として利用される。ゴマの実は、あさの実に似ているから「麻」の
  意味として使用されるようになった。)
」(例:胡麻)


⑥「みことのり(天皇の命令、またその命令を直接伝える文書)。
  唐代、国を治めるが命令を書く際、麻でった紙を用いたことによる。


⑦「しびれる

成り立ち

会意文字です。「切り立った崖」の象形と「あさの表皮をはぎとる

象形から「あさ(クワ科の植物)」を意味する「麻」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「あさ

常用漢字表外:「しび(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「ぬさ

画数

11画

部首

麻(あさ、あさかんむり(麻冠))

「麻」を含む漢字一覧

部首解説:
「麻」をもとにして、「あさ」に関係する漢字ができているが、
麿」のように「あさ」の意味で使われない漢字もある。

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、資料請求してみて下さい。

※資料請求には、氏名郵便番号
 住所電話番号の入力が必要です。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る