漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「業」という漢字
「業」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「業」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「わざ

 ア:「仕事」(例:事業)

 イ:「行い(仕業、行為)

 ウ:「功績(いさお)」、「手柄

 エ:「学問」、「技芸」(例:学業)

 オ:「なりわい(生活を営む為の仕事)

②「はじめ」、「はじめる」、「端緒(の始まり)

③「基礎

④「すでに」、「まえに」、「もはや

⑤「屋敷」、「土地・建物の類」(例:別業)

⑥「

 ア:「鐘、太鼓をかける横木を覆いかざる板

 イ:「書きつけの板

⑦「ゴウ(善悪の報いを引き起こす行い)」(例:善業、悪業)

[業・技の使い分け](わざ)

」・・・「ある能力の範囲内でなし得る動作」(例:至難の業)

」・・・「技術(ある事を行うための一定の方法や手段)、
      腕前(をなす時の能力)
」(例:技を磨く)

成り立ち

象形文字です。「のこぎり状のぎざぎざの装飾を施した楽器を

掛けるの飾り板
」の象形から「わざ・しごと・いた」を意味する

「業」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ギョウ」、「ゴウ

訓読み:「わざ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おき」、「かず」、「くに」、「なり」、「のぶ」、「のり」、「はじめ」、「ふさ

画数

13画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る