漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「康」という漢字
「康」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「康」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「やすい(悩みがない心の状態だ、心が穏やかだ)

②「やすらか(穏やかで変わったがない)」(例:安康)

③「やすんずる(やすらかになる、安心する)

④「安楽(心身の苦痛や生活の苦労がなく、楽々としていること)

⑤「すこやか(身体が丈夫で元気な事)」(例:健康)

⑥「和らぐ(穏やかになる)」、「仲が良い

⑦「楽しい」、「楽しむ

⑧「大き

⑨「五方に通ずる大きな道」(例:康衢-こうく)

⑩「むなしい(内容がない、無駄である、無益である)」、「からっぽ

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「きねを両手で持ち上げ脱穀する」象形と

こぼれ落ちるもみ」の象形から、実りが多くて「安楽」を意味する

「康」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「やす(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
しず」、「しずか」、「つね」、「のぶ」、
ひろ」、「みち」、「やすし」、「よし

画数

11画

部首

广(まだれ(麻垂))

「广」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る