漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「和」という漢字
「和」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「和」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「やわらぐ

 ア:「穏やかな(ゆったりと落ち着いた)状態になる」、「まる

 イ:「(やわ)らかくなる」、
   「しなやかになる(弾力があり折れずに柔らか曲がる)

 ウ:「打ち解けてくなる」(例:平和、親和)

②「なごむ

 ア:「気持ちなどがゆったりと落ち着く

 イ:「気持ちなどを穏やかになるようにする

③「やわらげる

 ア:「穏やかになるようにする(ゆったりと落ち着いた状態にする)

 イ:「わかりやすくする」(例:表現を和らげる)

④「なごやか(ゆったりと落ち着いているさま)」(例:柔和)

⑤「やわらぎ(やわらぐこと。また、その状態。)

⑥「合う(考え感じ似ている)

⑦「のどか

 ア:「静かでのんびりとして落ち着いているさま

 イ:「晴れて、天候が穏やかなさま(落ち着いているさま)

うららか

 ア:「晴れて、天候が穏やかなさま(落ち着いているさま)

 イ:「などが楽しそうなさま

 ウ:「に不満などがなく、落ち着いているさま

⑤「程よい(ちょうどよい程度である)

⑥「の軾(ショク-に設置した横木)につけて調子(リズム)をとる

⑦「~とともに

⑧「2つ以上のを加えて得た

⑨「応える」、「応じる

⑩「調子(リズム)をわせる

⑪「混ぜわす

⑫「調和する(釣り合いが取れている)

⑬「整え」、「整う

⑭「やまと(日本)

⑮「わ(接頭語。親愛(好きという気持ちや親しみの感情を
  いている)の意味を表す)


⑮「なぎ(海上の風波の穏やかなさま)

⑯「にぎ(接頭語。やわらかい、詳しいったの意味)

成り立ち

形声文字です。「」の象形と「穂先がの先端に垂れかかる」象形

(「」の意味だが、ここでは、「(か)に通じ、「会う」の意味)から、

が調和する「なごむ」を意味する「和」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

常用漢字表外:「

訓読み:「やわ(らぐ)」、「やわ(らげる)」、「なご(む)」、「なご(やか)

常用漢字表外:「あ(える)」、「な(ぐ)」、「なぎ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あい」、「あき」、「かず」、「かた」、「かつ」、「かのう」、
たか」、「ちか」、「とし」、「とも」、「」、「のどか」、「ひとし」、
ふみ」、「まさ」、「ます」、「みきた」、「やす」、「やすし」、
やまと」、「やわ」、「やわら」、「よし」、「より」、「わたる

画数

8画

部首

①「禾(のぎ、のぎへん(ノ木偏))

「禾」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る