漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「益/益」という漢字
「益/益」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「益」は小学5年生で習います。「益」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(益)
意味

①「増す

 ア:「増やす」、「加える」(例:増益)

 イ:「加わる

 ウ:「財産が多くなる

②「ためになる」、「役に立つ」(例:有益)

③「もうけ(得をする、事業などでお金が増える)」、「もうける」(例:利益)

④「多い」、「多く

⑤「ますます・いよいよ(以前より程度が増す事)

⑥「易の六十四卦の1つ。上を損じて下を益する象(かたち)

成り立ち

象形文字です。「皿に物を大きく盛り上げた」象形から、

ます」・「あふれる」を意味する「益」という漢字が成り立ちました。

※「益」は「益」の略字です。

※「益」は「益」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「エキ」、「ヤク

訓読み:「ま(す)」、「ますます

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あり」、「えつ」、「すすむ」、「のり」、「まし」、
ます」、「また」、「」、「みつ」、「よし

画数

10画」(益・益)

部首

①「八(は、はち、はちがしら(八頭))

「八」を含む漢字一覧

②「皿(さら)

「皿」を含む漢字一覧

書き順・書き方(益)
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る