漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「故」という漢字
「故」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「故」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「もと(昔、以前)

②「もとの

 ア:「以前の

 イ:「死んだ」、「人の名前の上につけて死んだの意味を表す」(例:故人)

③「もとより

 ア:「初めから」、「以前から

 イ:「確かに」、「本当に

④「古い

⑤「古い事柄」、「古くからある習慣」、「先例」(例:典故)

⑥「古くからの知り合い」(例:故旧)

⑦「年寄り」、「年長者」(例:故老)

⑧「死ぬ」(例:物故)

⑨「ゆえ(理由、わけ)」

⑩「ゆえに(それだから)

⑪「こと

 ア:「事柄」、「出来事」(例:世故)

 イ:「仕事

 ウ:「災い(人に不幸をもたらす出来事)」(例:事故、故障)

 エ:「むほん(国家・君主・主君にそむく事)

 オ:「うらみ(手からひどい事をされて、機会があれば、
    仕返ししようと思う気持ち)


⑫「ことさら(わざと、わざとする)
  (例:故意)

⑬「解き明かし。=詁」(例:訓故=訓詁)

成り立ち

会意兼形声文字です(+攵(攴))。「固いかぶと」の象形(「固くて古い」の

意味)と「ボクッという音を表す擬声語と右手の象形」(「強制する」の意味)

から、古く固くしてしまう事を意味し、そこから、「死ぬ」、「わざわい」等を

意味し、また、「古(コ)」に通じ(同じ読み持つ「古」と同じ意味を持つ

ようになって)、「ふるい」の意味、「固(コ)」に通じ、「以前から」を意味する

「故」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「ゆえ

常用漢字表外:「ことさら(に)」、「ふる(い)」、「もと

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひさ

画数

9画

部首

攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る