漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「熟」という漢字
「熟」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「熟」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「煮る(水などの中に食物を入れ、火にかけて熱を通す)」、「煮える

②「みのる」、「うれる」、「じゅくする

 ア:「や穀物などが実を結ぶ

 イ:「実を食べるのにちょうどよい時期になる」(例:熟柿)

③「慣れる」、「慣らす」(例:習熟)

④「完全・十分な状態に達する」(例:熟睡・未熟)

⑤「つらつら、つくづく、よくよく(念を入れて考えたり、見たりするさま)

成り立ち

会意兼形声文字です(孰+灬())。「基礎となる台の上に建っている

先祖を祭る場所の象形と人が両手で物を持つ象形
」(「食べ物を持って

煮て人をもてなす
」の意味)と「燃え立つ」の象形から、「よく煮込む」を

意味する「熟」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジュク

訓読み:「う(れる)

常用漢字表外:
う(む)」、「こな(す)」、「こな(れる)」、「つくづく」、
つらつら」、「な(れる)」、「に(える)」、「に(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なり

画数

15画

部首

灬(れっか(列火)、れんが(連火))

「灬」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る