漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「奮」という漢字
「奮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「奮」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ふるう」、「ふるわす

 ア:「羽ばたく」、「飛ぶ」(例:奮飛)

 イ:「奮い立つ(気力が盛んになる)」、「きおいたつ(ある事に立ち
    向かおうとして強く意気ごむ)
」、「励む(気持ちを奮い起こして
    行う)
」(例:奮戦、奮起)

 ウ:「いかる(怒る)」(例:憤怒)

 エ:「明らかにする

[奮・振・震の使い分け](ふるう)

」・・・「意気(事をやりとげようとする積極的な気持ち)を強くする
     (例:奮って参加して下さい)

」・・・「物の一端を持ったり固定したりして前後左右、または
     上下に何度か往復させるように動かす
」、「が盛ん
     になる
」(例:刀を振るう、事業が振るわない)

」・・・「細かに繰り返し動く」(例:身震い)

成り立ち

会意文字です(+隹+)。「衣服のえりもと」の象形と「尾の短いずんぐり

した小鳥
」の象形と「竹かご」の象形から、かごや衣服の中の鳥が、

命がけではばたく事を意味し、そこから、「ふるう」、「はばたく」を意味

する「奮」という漢字が成り立ちました。(「竹かご」の象形はのちに、

」に変形しました。)

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「フン

訓読み:「ふる(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

16画

部首

①「大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

②「田(た、たへん(田偏))

「田」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る