漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「仰」という漢字
「仰」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「仰」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あおぐ

 ア:「頭を上げて見る」、「見上げる」(例:仰首)

 イ:「顔や物の前面が上を向く」(例:仰臥)

 ウ:「きわめて価値のあるものとして尊敬する」(例:信仰、景仰)

 エ:「頼む」、「たよりすがる

 オ:「飲む」、「毒薬などを飲む

②「高い」、「多い」、「大き」、「盛ん」(例:仰山、仰仰)

日本のみで用いられる意味

③「あおぐ(求める、願う)

④「おおせ(「命令」の尊敬語)

 ア:「ご命令

 イ:「お言葉

⑤「おっしゃる(「言う」の尊敬語)

成り立ち

会意兼形声文字です(+卬)。「から」の象形と「立つ人の象形と

ひざまずく人の象形
」(「立つ人をあおぎ見る(上方を見る)」の意味)から、

あおぐ(頭をあげて見る)」、「見上げる」を意味する「仰」という漢字が

成り立ちました。



読み

音読み:「ギョウ」、「コウ

訓読み:「あお(ぐ)」、「おお(せ)

常用漢字表外:「おおの(く)」、「の(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「たか」、「もち

画数

6画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る