漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「陰」という漢字
「陰」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「陰」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かげ」(反意語:陽)

 ア:「日のあたらない所

 イ:「物の後ろや裏など、さえぎられて見えない所

 ウ:「そののいない所

 エ:「の表面にあらわれない部分

 オ:「山の北側」、「川の南側の岸

②「おおう

 ア:「あるものが一面に広がりかぶさってその下のものを隠す

 イ:「表面にあるを広げて、そのを外からさえぎられた状態にする

 ウ:「すみずみまで行き渡って、いっぱいに満たす

 エ:「本当のことがわからないように、つつみ隠す

 オ:「全体をつつみ含む

 カ:「広く行き渡らせる

③「おおい

 ア:「物の上にかぶせて隠すこと

 イ:「かばう人(他から害を受けないように助け守る)

④「くもる

 ア:「空が、雲や霧などで覆われる

 イ:「透明な物や光っていたなどが、他のものに覆われたりさえぎられた
    りしてよく見えない
」(例:鏡が曇る、涙で目が曇る)

 ウ:「表情が暗くなる

⑤「かげる

 ア:「太陽や月が雲などに遮られて光が薄らぎ、前よりも暗くなる

 イ:「日が傾く」、「夕暮れになる

 ウ:「表情が暗くなる

⑥移っていく日かげの意味から、転じて、「時間」、「月日」、「年月」(例:光陰)

⑦「暗い

⑧「しめる」(例:陰湿)

 ア:「乾いていたものが水分を含んでぬれた感じになる

 イ:「元気がなく沈んだ状態になる

⑨「しめり(水分を含んでぬれた感じになる)

⑩「ひそか(人に知られないようにをするさま)」、「ひそかに

⑪「男女の生殖器。特に女性についていう

⑫「易学の用語。陽(男性的・動・剛)に対して、消極的・女性的なもの、地・
  水・静・柔・内・夜・月・雨・秋・冬などを言う


易学とは、古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)に関する
  研究する学問の言う

⑬「だまる」、「無言になる」、「口をきかない

⑭「喪に服する(近親者がなくなった場合に一定期間、死を悲しみ、
  外出などを控える)為の小さな建物
」(例:諒陰)


[影・陰の使い分け](かげ)

」・・・「光がさえぎられてできた黒い部分」、「日や月の光」(例:人影、日影)

」・・・「日のあたらない所」。「物の後ろや裏など、さえぎられて
      見えない所
」、「そののいない所」(例:日陰、陰で悪口を言う)

成り立ち

会意兼形声文字です(阝+侌)。「段のついた土山」の象形(「」の意味)と

あるをすっぽり覆いふくむ事を表した文字と雲の回転するさまを表す

文字
」(「雲が太陽を覆い含みこむ」の意味」)から、「かげ」、「くもり」を

意味する「陰」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。資料は、
名前住所電話番号を入力するだけでもらう事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「イン

常用漢字表外:「アン」、「オン

訓読み:「かげ」、「かげ(る)

常用漢字表外:「くら(い)」、「ひそ(か)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

11画

部首

(こざとへん(小里偏))

「阝(阜)」を含む漢字一覧

当サイトのオススメコンテンツ

いつもOK辞典をご利用頂きありがとうございます。

OK辞典運営者の岡島正尚です。OK辞典は現在、

名前に使える漢字2,998字(常用漢字+人名用漢字)

すべてを網羅した漢字辞典となっております。今まで、

この辞書作成に数千時間という時間をかけてきました。

部首一覧象形文字一覧指事文字一覧会意文字一覧

会意兼形声文字一覧形声文字一覧旧漢字・新漢字一覧

漢字の成り立ちの歴史漢字の成り立ちの種類は当サイトの

オススメコンテンツとなっております。ぜひ、ご覧になってみて下さい。

また、漢字と関わりの深い日本語の魅力を外国の人に伝える

【日本語教師】に興味がある方は【日本語教師入門講座】

無料資料もオススメです。資料には、日本語教師の魅力や

学習内容・体験談・就職先等が20ページ以上にわたり記載
されて

いて、非常に詳しくてわかりやすかったです。現役の日本語教師

や受講生の生の声が聞けるとても貴重な資料
でしたよ。

⇒今、大人気の【日本語教師入門講座】
の無料資料申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る