漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「紫」という漢字
「紫」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「紫」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「むらさき(色の名前。青と赤のまじった色)

②「帝王(天下を治める者)・神仙(不老不死で人間では実現できないような
  力を持つ人)・道教(中国で生まれた不老長生・現世利益を主たる目的
  として生まれた宗教)などに関する物の上に付く語。むらさきは、もと、
  帝王・神仙の色とされていたに基づく
」(例:柴禁)

日本のみで用いられる意味

③「むらさき

 ア:「むらさき草(根はむらさき色の着色に用いる質として用いられる。
    また、抗炎症作用、創傷治癒の促進作用、殺菌作用もある)


 イ:「醤油(しょうゆ)の別名

成り立ち

形声文字です(+)。「立ち止まるの象形と年老いた女性の象形

(「ここ」の意味だが、ここでは、「觜(シ)」に通じ(同じ読み持つ「觜」と

同じ意味を持つようになって)、「くちばし」の意味)と「より糸」の象形から、

くちばしのような色「むらさき」を意味する「紫」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「むらさき

名前(音読み・訓読み以外の読み):「むら

画数

12画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る