漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「概/槪」という漢字
「概/槪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「概」は中学生で習います。「槪」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おおむね(おおよそ、大体)」(例:概略、概要)

②「おもむき

 ア:「自然と作り出されるいい雰囲気」(例:勝概)

 イ:「全体から感じられるようす」、「ありさま

 ウ:「言おうとしていること」、「趣旨

 エ:「やり方」、「方法

③「みさお・節操(自分の意志や主義・主張を貫いて、
  誘惑や困難に負けないこと)
」(例:気概)

④「とかき・ますかき(ますで物の量をはかる時、上方を平らにならす棒)

⑤「物の量をはかる

⑥「なげく(ひどく悲しむ、悲しんで泣く)」(同意語:慨)

⑦「洗う」、「そそぐ」(同意語:漑)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「大地を覆う」の象形(「」の意味)と

食器に盛ったごちそうの象形と座ったが顔をそむける象形」(「すでに」

の意味だが、ここでは、「食器にいっぱいになったが外にあふれでる」の

意味)から、「米をますに入れ、盛り上がった米をならして外にあふれ出さ

せる棒(ますかき)
」、「おおむね(大体)」を意味する「概」という漢字が

成り立ちました。

※「槪」は俗字(世間(集まり生活している)では使われているが、
 の規則(決まり)では認められていない漢字)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ガイ

常用漢字表外:「カイ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おおむ(ね)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

14画」(概)

16画」(槪)

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る