漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「紛」という漢字
「紛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「紛」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「みだれる(入り乱れる、がもつれる)」(例:紛争、内紛)

②「まぎれる

 ア:「入りまじってわからなくなる」、「はっきりしなくなる」(例:紛失)

 イ:「似通っていて見分けがつかなくなる

 ウ:「他と見分けのつかない状況などをうまく利用する
   (例:混乱に紛れて、処理する)

 エ:「他に心が奪われて、行うべきことがおろそか(いいかげん)になる

 オ:「他に心が移って、悲しみなどを忘れる」(例:気が紛れる)

 カ:「他に不具合(支障)がある

③「多いさま

④「乱れるさま

⑤「旗の吹き流し

※吹き流しとは、何枚かの細長い布を長い竿の先端につけて立て、
  風になびかせたものをいう。


日本のみで用いられる意味

⑥「まぎらす・まぎらわす(関心を他に移すなどして、そのことが
  わからなくなるようにする。ごまかす。)


⑦「まぎらわしい

 ア:「似ていて区別がつきにくい」、「間違えやすい

 イ:「まぶしい

 ウ:「気持ちがまぎれるようである

 エ:「多忙である」、「非常に忙しい

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「より糸」の象形と「2つに分れている

象形と刀の象形
」(「分れる」の意味)から、糸が2つに分れてしまって

まとまらない事を意味し、そこから、「みだれる」を意味する「紛」という

漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「フン

訓読み:「まぎ(らす)」、「まぎ(らわしい)」、「まぎ(れる)

常用漢字表外:「まぐ(れ)」、「みだ(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「もろ

画数

10画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

◆講座の受講は有料

◆資料請求には、氏名郵便番号
 住所電話番号の入力が必要

ですが・・・

すごい美しい漢字が書ける資料が無料でもらえる
ので、今すぐ資料請求して下さい。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る