漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「刹」という漢字
「刹」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「刹」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「梵語(ボンゴ) ksetraの略音訳。旗を建てる柱。僧が一法(一つの存在)
  を悟る(理解する)と、一つの旗を建てて遠方に告げ知らせた。
  その旗の柱)


音訳とは、漢字の読みを当て字として使って外国語を漢字で
 表す。(例:梵語(ぼんご)のbuddhaは漢字で仏陀と書く。)

②「①から転じて、寺、寺院

③「」、「釈迦の遺骨を納める塔

④「国土(領土)」、「仏(釈迦)の住む国の領土

⑤「刹那(せつな)は、梵語 ksanaの音訳。「きわめて短い時間」の意味」

⑥「刹鬼(せっき)は、「」、「悪魔」の意味」

⑦「刹帝利(せつていり)・刹利(せつり)は、ksatriyaの音訳。インド人を
  四つの身分に分けた第二位で、「王族・武人の階級」」

成り立ち

形声文字です。「いのしし等の動物」の象形(「殺す、いけにえ」の意味

だが、ここでは、梵語のksetraの音訳で、「修行僧の建てる旗の柱」の意味)

と「」の象形から、刀を使って造る「旗を建てる柱」を意味する

「刹」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「サツ」、「セツ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「てら

名前(音読み・訓読み以外の読み):「くに」、「せち

画数

8画

部首

刂(りっとう(立刀))

「刂」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る