漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「阿」という漢字
「阿」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「阿」は人名用漢字(常用漢字表外)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おもねる(自分の気持ちを曲げて従う)

②「くま

 ア:「山や川の曲がって入りくんだ所

 イ:「奥まって隠れた所」、「陰になって暗くなっている所

③「」、「大きい丘

④「のき・ひさし(屋根の下端で、建物の壁面より外に突出している部分)

⑤「棟(むね-屋根の最も高い所。二つの屋根面が接合 する部分。)

⑥「寄る」、「寄りかかる

⑦「人を呼ぶ語の上につけて親しみを表す」(例:阿父)

⑧「梵語の第一字母aの音訳(外国語を漢字で書き表す事)」(例:阿吽)

⑨「国名。阿弗利加(アフリカ)の略

⑩「昔の日本の地方行政区分:阿波 (あわ) 国の。現在の徳島県。

成り立ち

会意兼形声文字です(阝+)。「段のついた土山」の象形(「」の意味)

と「口の奥の象形と口の象形」(口の奥から大きな声を出すさまから、

「良い」の意味だが、ここでは、「かぎ型に曲がる」の意味)から、丘の

曲がった所「くま(湾曲して入りくんだ所)」を意味する「阿」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「」、「おもね(る)」、「くま」、「ひさし

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひさ

画数

8画

部首

(こざとへん(小里偏))

「阝(阜)」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る