漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「併/倂」という漢字
「併/倂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「併」は中学生で習います。「倂」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ならぶ(並)」、「連なる

②「ならべる(並)

③「並びに(前後二つの柄をつなぐのに用いる語)

④「等しくする

⑤「あわせる(2つ以上のものを一緒にする)」、「あわせて」(例:合併)

⑥「競う」、「争う

日本のみで用いられる意味

しかし」、「しかしながら

「併・合の使い分け](あわせる)

」・・・「2つ以上のものを一緒にする」(例:2つの企業を併せる)

」・・・「そろえる」、「一致させる」(例:手を合わせる、スピードを合わせる)

成り立ち

会意兼形声文字です(+并(幷))。「から」の象形と「人を

並べてつないだ
」象形(「並ぶ、あわせる」の意味)から、「人が並ぶ」を

意味する「併」という漢字が成り立ちました。

※「併」は「倂」の略字です。

※「倂」は「併」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ヘイ

常用漢字表外:「ヒョウ(ヒャウ)、ビョウ(ビャウ)」(倂のみ)

訓読み:「あわ(せる)

常用漢字表外:「しか(し)」、「なら(ぶ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「つら」、「とも

画数

8画」(併)

10画」(倂)

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る