漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「妬」という漢字
「妬」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「妬」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ねたむ」、「やく」(同意語:)(例:嫉妬)

 ア:「そねむ(他人が自分よりすぐれている状態をうらやましく思うが、
   しかし、本来あってはならない、許せないと思って嫌う)


 イ:「男女間のことで、自分の思うようにならない状況に
    不満や悲しみを抱く


 ウ:「腹を立てる」、「怒る

②「ねたみ(ねたむこと)

成り立ち

形声文字です(+)。「両手をしなやかに重ねひざまずく女性」の象形と

崖の下に落ちている」の象形(「」の意味だが、ここでは、「貯」

通じ(「貯」と同じ意味を持つようになって)、「積もりたくわえられる

の意味)から、夫人(妻)の夫に対する積もった感情「ねたみ」を意味する

「妬」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「ねた(む)

常用漢字表外:「そね(む)」、「や(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

8画

部首

女(おんな、おんなへん(女偏))

「女」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る