漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「詮」という漢字
「詮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「詮」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「そなえる」(同意語:)

 ア:「整え」、「ある目的のために物をある場所に設ける」、
   「飾る

 イ:「前もって用意しておく

 ウ:「加える」、「数に入れる

②「そなわる」(同意語:)

 ア:「欠けた所がない

 イ:「十分に整って足りる

 ウ:「準備ができている

 エ:「地位にいる

③「正しい順序・そうなった理由を詳しく説明する
  (例:詮釈)

④「正しい順序・そうなった理由を調べ上げる」(例:詮索)

⑤「就(つ)く(ある地位に身を置く)

⑥「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、法則、制度)

⑦「えらぶ(選)

⑧「はかる」(同意語:銓)

 ア:「物の重さをはかる

 イ:「人物について色々と調べる

日本のみで用いられる意味

⑨「セン

 ア:「効果」、「価値」、「効き目」(例:詮無い)

 イ:「議論が最終的に落ち着くところ。つまり。」(例:詮ずる所)

 ウ:「手段」、「方法

 エ:「審議(ある事について詳しく調査・検討し、そのものの
    よしあしなどを決めること)
」(例:詮議)

 オ:「場合( が行われているときの状態)

 カ:「の要点

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と口の象形

(「(つつしんで)言う」の意味)と「入口の象形と握る所のある、のみの

象形または、さしがねの象形
」(入口の倉庫などに工具を保管する所

から、「保つ、備わる」の意味)から、「備わっている説明」を意味する

「詮」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「セン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「あきらか」、「えら(ぶ)」、「しら(べる)」、「そな(わる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「さと」、「さとし」、「さとる」、
とし」、「とも」、「のり」、「はる」、「よし

画数

13画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る