漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「候」という漢字
「候」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「候」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「うかがう

 ア:「さぐる」、「のぞく」、「様子を見る

 イ:「訪問する」、「ごきげん伺いをする」(例:伺候)

 ウ:「占う」、「考え

 エ:「望見する(遠くから眺め見る)

 オ:「診察する

②「さぶらう(身分の高い人や敬うべき人のそばに控える)」、
  「目上ののそばに仕える

③「待つ」、「待ち受ける」、「待ち迎える

④「ものみ(物見)

 ア:「様子をさぐる」、「見張りをする」(例:斥候)

 イ:「展望台

 ウ:「番所(警備や見張りのために設置された番人が待機する
    ために設けられた施設)


⑤「きざし(が起こりそうな気配)」、「しるし」(例:兆候)

⑥「とき」、「おり」(例:時候)

⑦「1年を72区分した5日

日本のみで用いられる意味

⑧「そうろう(「有り」、「居り」の丁寧語。また謙譲語)」(例:居候)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「から」の象形と「まとを

うかがい矢を放つ
」象形(「うかがう」の意味)から、人が「うかがう」を

意味する「候」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「コウ

訓読み:「そうろう

常用漢字表外:「うかが(う)」、「さぶら(う)」、「ま(つ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きみ」、「きよ」、「そろ」、「とき」、「」、「みよ」、「よし

画数

10画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る