漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「績」という漢字
「績」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「績」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つむぐ(まゆや綿から繊維を引き出し、よりをかけて糸にする)」(例:紡績)

②「」、「わざ(業)(ある能力の範囲でなしうる動作、働き、仕事)

③「わざ(業)による結果」(例:事績、成績)

④「手柄」、「仕事の優れた結果」(例:功績)

成り立ち

形声文字です(+)。「より糸」の象形と「とげの象形と子安貝(貨幣)

の象形
」(「金品を責め求める」の意味だが、ここでは、「積(セキ)」に通じ

(同じ読み持つ「積」と同じ意味を持つようになって)、「つむ」の意味)

から、糸を積み重ねる、「つむぐ(まゆや綿から繊維を引き出し、よりを

かけて糸にする)
」を意味する「績」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「セキ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「う(む)」、「つむ(ぐ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いさ」、「いさお」、「さね」、「つね」、「なり」、「のり」、「もり

画数

17画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る