漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「容」という漢字
「容」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「容」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「いれる

 ア:「器物などの中に入れる」、「盛る」、「置く

 イ:「包む」、「包み込む」(例:包容)

 ウ:「受ける」、「受け入れる」(例:受容)

 エ:「許す」、「聞き入れる」(例:許容)

②「かたち

 ア:「姿」、「様子」(例:容姿)

 イ:「立ち振る舞い」、「身のこなし

③「形成する(1つのまとまったものを作り上げる)」、
  「顔や身なりを整え」、「化粧する」、「飾る

④「中身」(例:内容)

⑤「ゆとりのあるさま」、「安らかな(穏やかで変わったがない)さま」(例:従容)

⑥「簡単である」、「やさしい」(例:容易)

⑦「まさに~べし」(推測や当然の意味を表す助字)

成り立ち

形声文字です(宀+)。「屋根(家屋)」の象形と「左右にせまるたに・

口の象形
」(谷(たに)の意味だが、ここでは、口に通じ(「」と同じ意味を

持つようになって)、「くち」の意味)から、口や家のように多くのものを

入れる」を意味する「容」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ヨウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「い(れる)」、「かたち」、「ゆる(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いるる」、「おさ」、「かた」、「なり」、「ひろ」、
ひろし」、「まさ」、「もり」、「やす」、「」、「よし

画数

10画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る