漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「務」という漢字
「務」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「務」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「つとめる

 ア:「精一杯、与えられた仕事を行う」(例:職務)

 イ:「働く」(例:勤務)

②「つとめ(なすべき仕事、役目)」(例:任務、義務)

③「はげます」、「勧める

④「つとめて(与えられた仕事を精一杯行って)

⑤「あなどる」、「あなどり

[努・務・勤の使い分け](つとめる)

」・・・「力をつくす。」(例:問題解決に努める)

」・・・「与えられた仕事をする。」(例:司会を務める)

」・・・「会社などで毎日のように仕事する。」(例:工場で勤める)

成り立ち

会意兼形声文字です(+攵(攴)+)。「矛(ほこ)とボクっという音を表す

擬声語と右手の象形
」(「矛でうちかかる」の意味)と「力強い腕」の象形

から、努力して困難に立ち向かう、すなわち、「つとめる」、「はげむ」を

意味する「務」という漢字が成り立ちました。

※擬声語とは、動物の音声や物体のを象形文字でしたもの
  をいます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「つと(まる)」、「つと(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かね」、「ちか」、「つとむ」、「つよ」、「みち

画数

11画

部首

①「矛(ほこ、ほこへん(矛偏)、むのほこ(矛のほこ))

「矛」を含む漢字一覧

②「力(ちから)

「力」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る