漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「拡/擴」という漢字
「拡/擴」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「拡」は小学6年生で習います。「擴」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(拡)
意味

①「広める」、「広げる」、「広がる」(例:拡大)

②「打つ」、「たたく

③「満たす

成り立ち

形声文字です(扌()+())。「5本指のある手」の象形(「」の意味)と

屋根の象形と、人が玉を帯びた象形(「王(オウ)」に通じ(同じ読み持つ

「王」と同じ意味を持つようになって)、「大きい」の意味)
」(「ひろい」の意味)

から、手を「ひろげる」を意味する「拡」という漢字が成りたちました。

※「拡」は「擴」の略字です。

※「擴」は「拡」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「カク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ひろ(がる)」、「ひろ(げる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひろし」、「ひろむ

画数

8画」(拡)

18画」(擴)

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

書き順・書き方(拡)
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る