漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「臨」という漢字
「臨」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「臨」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「のぞむ

 ア:「見下ろす」、「上から下を見る

 イ:「身分の高い者が低い者の所へ行く」(例:親臨)

 ウ:「人が自分の所へ来る事の敬語」(例:来臨)

 エ:「直接、その場に出向く」(例:臨検)

 オ:「出来事に直面する(目の前にする)

 カ:「及ぶ」、「その時になる

 キ:「治める(世の中や家の中を秩序(法律・決まり)のある
    状態にする
」、「支配する」(例:君臨)

 ク:「出向いて、反乱をしずめる

②「写す(まねてそのとおりに書く作る)」(例:臨写)

③「見晴らし台のついた戦闘に用いる車

④「易の六十四卦の1つ。進み迫るさま

⑤「葬式の時に、棺にとりついて声を上げて泣く礼儀作法

[望・臨の使い分け](のぞむ)

」・・・「希望する、遠くを眺める。」(例:転職を望む、富士山を望む)

」・・・「そこへ行く、近くにある。」(例:会議に臨む、湖に臨むホテル)

成り立ち

会意文字です(+)。「しっかり見開いた目」の象形と「のぞきこむ人

の象形と「とりどりの個性を持つ」の象形から、とりどりの個性を

持つ品をのぞき込む事を意味し、そこから、「のぞむ」、「みおろす

を意味する「臨」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「リン

訓読み:「のぞ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

18画

部首

臣(しん)

「臣」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る