漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「弐/貳」という漢字
「弐/貳」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「弐」は中学生で習います。「貳」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「そえる(付け加える)」、「加える

②「増す

③「重ね

④「並べる

⑤「そえ(付け加える)

⑥「控え(時間や順番などが来るのを待つ事)

⑦「相手

⑧「二つ

⑨「ふたたび」、「二度

⑩「裏切る」、「裏切りの心を持つ」(例:弐心)

⑪「そむく(逆らう、反対・反抗する)

⑫「離れる」、「分かれる

⑬「変わる」、「代わる

日本のみで用いられる意味

⑭「すけ(大宰府の次官)

※大宰府とは、7世紀後半に、九州の筑前国に設置された
  地方行政機関のを言います。

※次官とは、府・省・庁等の国家機関において長たる官職(長官)の
  次に位置づけられる官職のを言います。

成り立ち

会意兼形声文字です(戈++)。「にぎりの付いた柄の先端に刃の

ある矛
」の象形と「子安貝」の象形と「2本の横線」から、矛で貝を2つに

分けるを意味し、そこから、「ふたつ」を意味する「弐」という漢字が

成り立ちました。

※「弐」は「貳」の略字です。

※「貳」は「弐」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ふた」、「ふた(つ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「すけ

画数

6画」(弐)

12画」(貳)

部首

「弐」の部首
弋(しきがまえ(式構)、よく)

「弋」を含む漢字一覧

「貳」の部首
弋(しきがまえ(式構)、よく)

「弋」を含む漢字一覧

貝(かい、かいへん(貝偏)、こがい)

「貝」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る