漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「閲/閱」という漢字
「閲/閱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「閲」は中学生で習います。「閱」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「けみする

 ア:「調べる」、「見て確かめる」(例:検閲)

 イ:「年月を過ごす」、「経る」、「経過する」(例:閲歴)

②「選ぶ」、「抜き取る」(例:簡閲)

③「文書を比較して調査研究する」(例:校閲)

④「手柄」、「功績

⑤「唐・宋以後、爵位(国家から与えられる栄誉称号)のある
  家の門の右に建てる柱
」(反意語:)

⑥「統べる(支配する、1つにまとめる)

⑦「集める

⑧「いれる(容)

成り立ち

形声文字です(+兌)。「左右両開きになる戸」の象形と「2つに

分れているものの象形と口の象形と人の象形
」(「祈るによって

結ばれて気持ちが分散して、喜ぶ
」の意味だが、ここでは、「脱(タイ)」に

通じ(同じ読み持つ「脱」と同じ意味を持つようになって)、「ぬがせる」の

意味)から、門の前でいちいち、脱がせて「調べ見る」を意味する

「閲」という漢字が成り立ちました。

※「閱」は「閲」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「エツ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「けみ(する)」、「へ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

15画」(閲・閱)

部首

門(もん、もんがまえ(門構)、かどがまえ(門構))

「門」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る