漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「緒/緖」という漢字
「緒/緖」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「緒」は中学生で習います。「緖」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いとぐち(糸の先端)

②「きっかけ」、「はじまり」、「おこり」(例:端緒)

③「残り」、「余り」(例:緒余)

④「系統(同じ方面や種類に属していること)

⑤「順序」(例:緒次)

⑥「仕事」、「事業」(例:遺緒)

⑦「」、「感情」、「気持ち」(例:情緒)

⑧「尋ねる(の本質を明らかにしようと調べたり考えたりする、
  質問する)
」(例:緒正)

⑨「長い線状のものの総称。糸やひもなど」(例:堪忍袋の緒が切れる)

⑩「履物につけて足にかけるひも」(例:鼻緒)

⑪「楽器や糸に張る糸

⑫「長く続くこと。また、そのもの」(例:息の緒が絶える)

⑬「」、「生命」(例:玉の緒)

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「より糸」の象形と「台上にしばを

集め積んで火をたく
」象形(「煮る」の意味)から、繭(まゆ)を煮て糸を

引き出す事を意味し、そこから、「いとぐち(糸の先端)」を意味する

「緒」という漢字が成り立ちました。

※「緒」は「緖」の略字です。

※「緖」は「緒」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ショ」、「チョ

訓読み:「

常用漢字表外:「いとぐち

名前(音読み・訓読み以外の読み):「いお」、「つぎ」、「つぐ

画数

14画」(緒)

15画」(緖)

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る