漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「蔑」という漢字
「蔑」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「蔑」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「さげすむ・あなどる(他人を、自分より能力の劣るもの、価値の低い
  ものとみなす、見下す、バカにする)
」(例:軽蔑)

②「ないがしろにする

 ア:「無視する」、「あってもないもののように軽くみる・
    大切に思わない


 イ:「きちんと整っていないさま」、「だらしないさま

③「(何も)ない

④「小さい

⑤「詳しい」、「細かいところまで注意が行き届いていて、手落ちがない

⑥「削る

⑦「滅ぼす」(例:蔑如)

⑧「あざむく(だます)

⑨「暗い」、「目に光がない」、「視力が悪い

成り立ち

会意兼形声文字です(苜+)。「かすかで目に見えない精霊(

宿っているとされる魂)
」の象形と「からの象形と握りのついた

柄の先端に刃のついた矛
」の象形(「人に矛を当てて切る取り除く」の

意味)から、「精霊の力で退けて存在を認めない」、「あなどる」を意味する

「蔑」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「ベツ

訓読み:「さげす(む)

常用漢字表外:「くら(い)」、「ないがし(ろ)」、「なみ(する)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

14画

部首

(くさ、くさかんむり(草冠)、そうこう)

「艹・艹・艸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る