漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「羨」という漢字
「羨」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「羨」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「うらやむ」、「うらやましい

②「欲しがる

③「慕う」、「あこがれる

④「余り」、「残り」、「余る」、「残る

⑤「伸び」、「長い」、「進む

⑥「召し寄せる

⑦「よこしま(曲がった行い)

⑧「墓道(墓の入口から地下の棺を安置した所への通じる道)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「の首」の象形(「」の意味)と

流れるの象形と人が口を開けている象形」(「口を開けた

水「よだれ」の意味)から、羊のごちそうを見て、よだれを流す事を

意味し、そこから、「うらやむ」、「うらやましい」を意味する「羨」という

漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セン」、「ゼン」、「エン

訓読み:「うらや(む)」、「うらや(ましい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なが」、「のぶ」、「よし

画数

13画

部首

羊・𦍌・⺶・⺸(ひつじ、ひつじへん(羊偏))

「羊・𦍌・⺶・⺸」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る