漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「栖」という漢字
「栖」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「栖」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「鳥・獣・虫などのすむ所」(同意語:)

②「人が住む所」(同意語:)

③「生物がすむ」(例:栖息)(同意語:棲)

④「よくない仲間が寄り集まる場所」(同意語:)

⑤「クモが獲物を捕まえるために張る網」(同意語:)

成り立ち

形声文字です(+西)。「大地を覆う」の象形と「酒などの必要・不要

部分を分類するの竹かご
」の象形(竹かごから水が流れ出るよう、

日の光の陽気が流される方角「にし」の意味だが、ここでは、「棲(セイ)」

通じ(同じ読み持つ「棲」と同じ意味を持つようになって)、「すむ」の

意味)から、「鳥・獣・虫などが木にすむ」を意味する「栖」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「サイ」、「セイ

訓読み:「す(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「すみ

画数

10画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
西」、「

美しい漢字の書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、スゲー美しい漢字が書けるようになりました(^^♪

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
めっちゃ気持ちイイ
っす(*^▽^*)

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪スゲー美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る