漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「易」という漢字
「易」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「易」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かえる

 ア:「改める(新しくする、悪い点に変更を加えて良い方へ変える)
   (例:改易)

 イ:「取り換える」、「交換する」(例:貿易)

②「かわる

 ア:「変化する」、「改まる」(例:変易)

 イ:「入れ替わる

③「やすい

 ア:「やさしい」、「手軽」、「簡単」(例:容易、簡易)

 イ:「やすらか(穏やかで変わったがない)

 ウ:「~しがちである

 エ:「~しやすい

④「占い

⑤「易経(えききょう)の略。占いの書。五経の1つである。

⑥「とかげ」、「やもり

⑦「平ら

⑧「治める(世の中や家の中等を管理(順序や決まり)の行き届いた
  状態にする)
」、「収納する」、「手に入れる

⑨「整え

⑩「治まる(静まる、安定する)

⑪「省く

⑫「あなどる(人を軽くみてばかにする、見下す)」(例:易慢)

成り立ち

象形文字です。「とかげ」の象形で、とかげは光線具合でその色が変化

するように見える事から「かわる」を意味する「易」という漢字が成り立ち

ました。(借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、「やさしい」の

意味も表すようになりました。)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「エキ

訓読み:「やさ(しい)

常用漢字表外:
あなど(る)」、「か(える)」、「か(わる)」、「やす(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさ」、「かぬ」、「かね」、「やすし

画数

8画

部首

曰(ひらび(平日)、いわく)

「曰」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る