漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「策」という漢字
「策」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「策」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「むち」、「馬を打つむち

②「むち打つ」、「馬にむちを打つ

③「つえ」、「つえをつく

④「ふだ(昔、紙がなかった時代に文字を書き記した竹のふだ)」(例:簡策)

⑤「ふみ(文書・手紙)

⑥「命令書」、「王の命令を伝える文書

⑦「記す」、「書きつける」(例:策勲)

⑧「筮竹(ぜいちく)(占いにおいて使われる50本の竹の茎を細かく
  割ってつくられた細い棒のようなもの)
」(例:亀策)

⑨「はかりごと

 ア:「がうまくゆくように、前もって考えた手段・方法・計画
   (例:散策、対策)

 イ:「相手をだまそうとするたくらみ」(例:策略)

⑩「はかりごとを立てる

⑪「」、「数をかぞえる

⑫「文体の名前。天子が政治上の問題を策に書いて、意見を問うものを
  策問と言い、これに答えるものを対策という


⑬「音の容。策策(さくさく)は、木の葉が落ちる音の容、竹の
  きしる音の容、秋風の音の容を表す


成り立ち

形声文字です(+朿)。「」の象形と「とげ」の象形(「とげ」の意味だが、

ここでは、「」に通じ(同じ意味を持つようになって)、「せめる」の意味)

から、馬を責める竹、すなわち、「むち」を意味する「策」という漢字が

成り立ちました。また、「冊(サク)」に通じ、「文書」の意味も表すように

なりました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「サク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「つえ」、「はかりごと」、「ふだ」、「むち」、「むちう(つ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かず」、「つか」、「もり

画数

12画

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る