漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「就」という漢字
「就」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「就」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つく」、「つける

 ア:「つき従う」(例:去就)

 イ:「近づいて見る

 ウ:「おもむく(ある場所、方向へ向かって行く)」、「そこへ行く」、

 エ:「取り掛かる」、「~し始める

 オ:「従事する(ある事に関係する)

 カ:「~になりかかる

②「なる(出来上がる)」、「なす(成し遂げる)」(例:成就)

③「すなわち

 ア:「言いかえれば」、「つまり

 イ:「前に述べたと次に述べるとが、まったく同じである
    ことを表す。まさしく


 ウ:「前の柄によって、後の実が自然に成り立つことを表す
    その時は。そうすれば


④「すぐに

⑤「そこで

⑥「たとい(もし)」(例:就使)

日本のみで用いられる意味

⑦「~につき(それゆえに)

[着・付・就の使い分け]

」・・・「くっつく、所属する。」(例:味方に付く)

」・・・「届く、身につける。」(例:手紙が着く、衣服を着る)

」・・・「近づく、寄り添う。」(例:先生に就いて勉強する)

成り立ち

会意文字です(+)。「高い丘の上に建つ建物」の象形と「」の象形

から、身分の高い人の家に飼われた番犬を意味し、そこから、「つく」、

つき従う」を意味する「就」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ジュ」、「シュウ

訓読み:「つ(く)」、「つ(ける)

常用漢字表外:「な(す)」、「な(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なり」、「ゆき

画数

12画

部首

①「尢・兀(おう、おうにょう(尢繞)、まげあし(曲げ足)、だいのまげあし
(大の曲げ足))


「尢・兀・尣」を含む漢字一覧

②「亠(なべぶた(鍋蓋)、けいさんかんむり(卦算冠))

「亠」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る