漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「就」という漢字
「就」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「就」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つく」、「つける

 ア:「つき従う」(例:去就)

 イ:「近づいて見る

 ウ:「おもむく(ある場所、方向へ向かって行く)」、「そこへ行く」、

 エ:「取り掛かる」、「~し始める

 オ:「従事する(ある事に関係する)

 カ:「~になりかかる

②「なる(出来上がる)」、「なす(成し遂げる)」(例:成就)

③「すなわち

 ア:「言いかえれば」、「つまり

 イ:「前に述べたと次に述べるとが、まったく同じである
    ことを表す。まさしく


 ウ:「前の柄によって、後の実が自然に成り立つことを表す
    その時は。そうすれば


④「すぐに

⑤「そこで

⑥「たとい(もし)」(例:就使)

日本のみで用いられる意味

⑦「~につき(それゆえに)

[着・付・就の使い分け]

」・・・「くっつく、所属する。」(例:味方に付く)

」・・・「届く、身につける。」(例:手紙が着く、衣服を着る)

」・・・「近づく、寄り添う。」(例:先生に就いて勉強する)

成り立ち

会意文字です(+)。「高い丘の上に建つ建物」の象形と「」の象形

から、身分の高い人の家に飼われた番犬を意味し、そこから、「つく」、

つき従う」を意味する「就」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「ジュ」、「シュウ

訓読み:「つ(く)」、「つ(ける)

常用漢字表外:「な(す)」、「な(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なり」、「ゆき

画数

12画

部首

①「尢・兀(おう、おうにょう(尢繞)、まげあし(曲げ足)、だいのまげあし
(大の曲げ足))


「尢・兀・尣」を含む漢字一覧

②「亠(なべぶた(鍋蓋)、けいさんかんむり(卦算冠))

「亠」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る