漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「邪」という漢字
「邪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「邪」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「よこしま

 ア:「正しくない」、「正しい順序を守っていない

 イ:「意見などがかたよっている

 ウ:「私欲(自分一人の利益だけを考える気持ち)

 エ:「悪い事をしようとする心」、「他人に害を加えようとする心

②「よこしまな人

③「いつわる(偽)

 ア:「事実や自分の本心を隠し、真実を曲げて言ったり、したりする

 イ:「だます、あざむく(言葉巧みにうそを言って、相手に本当だと思わせる)

④「いつわり(いつわる)

⑤「かぜ(風邪)(ウィルス感染によって熱・咳・鼻水が出たり、
  喉が腫れたりする)


⑥「や、か(~であるか、どうして~だろうか)
  (疑問・反語の助字)(同意語:耶)

⑦「邪許(やこ)は、かけ声の意味

⑧「あまり(余)」、「残り

成り立ち

形声文字です(+阝())。「きばの上下がまじわる」象形(「きば」の意味)と

特定の場所を示す文字と座りくつろぐ人の象形」(人が群がりくつろぎ

住む「」の意味)から、地名の「琅邪(ろうや)」の意味を表したが、

借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、「よこしま」を意味する

「邪」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ジャ

常用漢字表外:「シャ」、「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「よこしま

画数

8画

部首

①「阝(おおざと(大里))

「阝」を含む漢字一覧

②「牙・牙󠄀(きば、きばへん(牙偏))

「牙・牙󠄀」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る