漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「擦」という漢字
「擦」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「擦」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「する

 ア:「物に、他のを強く触れ合わせて動かす」、「こする

 イ:「物の表面に他のを押し付けて繰り返し動かす

 ウ:「賭事(かけごと)などで、金を使ってなくす

②「さする(手のひらなどでからだや物の表面を、くりかえし軽くこする)

③「すれる

 ア:「いろいろの経験をして、純粋な気持ちがなくなる

 イ:「物と物とが強く触れ合ったり、絶えず接触した状態で
    動いたりして、痛んだり減ったりする


 ウ:「物と物とが触れ合って動く」、「こすれる」(例:摩擦)

④「なする

 ア:「物の表面に他の物をつけようとして強く触れ合わせて動かす
   (例:紙に墨を擦る)

 イ:「責任・罪などを他の人に負わせる」(例:責任を部下に擦る)

[擦・刷の使い分け](する)

「擦」・・・「こする」(例:擦り傷)

「刷」・・・「印刷する」(例:刷り物)

以外は、「ひらがな」を用いるのが一般的である。

成り立ち

会意兼形声文字です(扌()+)。「5本の指のある手」の象形と

家屋(屋根)の象形といけにえの肉の象形と右手の象形と神に

いけにえを捧げる台の象形
」(「屋内で祭り神の心をはっきりさせる」の

意味だが、ここでは、「物をする時の音の擬声語」)から、「する」、

さする」、「こする」を意味する「擦」という漢字が成り立ちました。


※擬声語とは、動物の音声や物体のを象形文字でしたもの
  をいます。



読み

音読み:「サツ

訓読み:「す(る)」、「す(れる)

常用漢字表外:
かす(れる)」、「こす(る)」、「さす(る)」、「なす(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あきら

画数

17画

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る