漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「揚」という漢字
「揚」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「揚」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あげる

 ア:「高くかかげる」(例:掲揚)

 イ:「高温の多量の油の中で食材を加熱する」(例:油で揚げる)

 ウ:「船からを陸に移す」(例:荷揚げ)

②「複数あるうちの1つを持ち出して用いる」、「引き上げる

③「盛んにする

④「明らかにする」(例:揚言、揚名)

⑤「あがる

 ア:「高く上がる

 イ:「天ぷら・フライなどが、ほどよく熱が通ってできあがる

 ウ:「船のが陸に移る

⑥「盛んになる

⑦「知れ渡る」、「明らかになる

⑧「額(ひたい)」、「眉間(ひたいの中央)」、「眉の上下あたり

⑨「斧(おの)

⑩「昔の中国の九州の1つ。長江の南方一帯で、今の江蘇省・
  安徽省・江西省・浙江省・福建省をあわせた地方


日本のみで用いられる意味

⑪「あげ

 ア:「子供の衣服のあげ(子供が大きくなっても着れるように
    布を縫いこんでおく部分)


 イ:「油の中で加熱したもの

[挙・揚・上の使い分け](あげる・あがる)

」・・・「複数あるうちの、1つを持ち出す」、「目立たせる」、
     「行う(実施する)」、「全員で
     (例:例を挙げる、犯人を挙げる、結婚式を挙げる、国を挙げる)

」・・・「高くかかげる」、「高温の多量の油の中で食材を加熱する」、
     「船からを陸に移す」(例:国旗を揚げる、油で揚げる、荷揚げ)

、2つ以外は、すべて「」を用いるが、実際には、紛らわしい
場合が多いので、「ひらがな書き」の場合がかなり多い

成り立ち

会意兼形声文字です(扌()+昜)。「5本の指のある手」の象形と「太陽が

地上にあがる
」象形(「日があがる」の意味)から、「あげる」を意味する

「揚」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ヨウ

訓読み:「あ(げる)」、「あ(がる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき」、「あきら」、「たか」、「のぶ

画数

12画

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る