漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「斉/齊」という漢字
「斉/齊」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「斉」は中学生で習います。「齊」は常用漢字外(人名用漢字)です。
「斉/齊」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「ひとしい(等)」、「ととのう(整)」、「そろっている」、
  「きちんとしている」、「同じである」(例:均斉)

②「ひとしくする」、「ととのえる」、「そろえる」、「きちんとする」、
  「合わせる」、「同じにする」(例:斉唱)

③「ひとしく」、「みな」、「そろって」(例:一斉放送)

④「正しい

⑤「かたよらない

⑥「真ん中」、「中央

⑦「うず」、「水のうず

⑧「へそ」(同意語:臍(せい))

⑨「おごそか(礼儀正しく近寄りにくいさま)

⑩「つつしむ

 ア:「間違いや深く考えずに行動したり言ったりするがないように
    気をつける
」、「注意深くする

 イ:「控え目にする

 ウ:「大切にする」、「価値のあるものとして重くみる

⑪「努める(努力する)」、「怠らない

⑫「国名。紀元前1046年-紀元前386年。周代、春秋時代、戦国時代初頭に
  わたって現在の山東省を中心に存在した国。周建国に貢献した
  家来:太公望によって立てられた国である


⑬「王朝名

 ア:「南朝の1つ。479年-502年。蕭道成(しょうどうせい)が宋(そう)の
    譲りを受けて建てたもの。建康(今の南京市)を都とした。


 イ:「北朝の1つ。550年-577年。高洋が東魏(とうぎ)の譲り受けを受けて
    建てたもの


※王朝とは、同じ王家に属する帝王(国を治める)の系列。
  また、その王家が支配している時期を指します。

⑭「ものいみ(を祭るとき、飲食や外出などの行動を控えけがれ(汚れ)
  を取り去り、心身を清める(きれいにする)こと)
」(同意語:)

⑮「喪服の名前。裳(も)のすそ(下の方)を縫い合わせたもの」(同意語:)

成り立ち

象形文字です。「穀物の穂が伸びて生え揃っている」象形から、

揃う」、「整う」を意味する「斉」という漢字が成り立ちました。

※「斉」は「齊」の略字です。

※「齊」は「斉」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「セイ

常用漢字表外:「サイ」、「ザイ」、「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ととの(える)」、「ひと(しい)」、「ものいみ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いつ」、「いつき」、「きよ」、「ただ」、「ただし」、「とき」、
とし」、「なお」、「なり」、「ひとし」、「まさ」、「むね」、「よし

画数

8画」(斉)

14画」(齊)

部首

斉・齊(せい)

「斉・齊」を含む漢字一覧

部首解説:
「斉・齊」をもとにして、「揃う」の意味を含む漢字ができているが、すべてではない。

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】の無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が書けるようになります。

キレイな字が書けるようになると、

・【字が汚い】と指摘されなくなる

・自分が書いた字を見て、
 【恥ずかしい情けない】と感じなくなる

ので、今すぐ無料資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る