漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「壮/壯」という漢字
「壮/壯」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「壮」は中学生で習います。「壯」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「年若くて元気で勢いがある時。また、その年頃の者」、「若者
  (例:壮児)

②「30歳前後の者。また、その年頃の男性」(例:壮年)

③「さかん(盛)

 ア:「大き」、「大きくて勢いがよい」、「立派で大き」(例:壮大)

 イ:「気力があふれている」、「勇ましい(勢いがあり、恐れずに危険や
    困難に向かっていくさま)
」(例:壮烈、勇壮)

 ウ:「体力が満ちている」、「身体が強くて丈夫である」(例:壮健)

④「さかんにする(盛)」

 ア:「大きくする」、「大きく立派にする」、「盛大にする」(例:壮行会)

 イ:「気力や体力を大きくする

⑤「陰暦(旧暦)8月の別名」(例:壮月)

⑥「そこなう(物を壊してダメにする、傷つける)」(同意語:戕)

⑦「灸をすえる回数を数えるのに用いる

※灸とは、もぐさを肌に置いて火をつけ、その刺激で病気を治す方法
  のを言います。

成り立ち

会意兼形声文字です(爿+)。「寝台を立ててから」象形(「寝台

の意味だが、ここでは、「長い」の意味)と「ある種のまさかり」の象形

(「まさかりを持つような男子」の意味)から、背丈の高い男子を意味

し、そこから、「さかん(盛)」、「元気」を意味する「壮」という漢字が

成り立ちました。

※「壮」は「壯」の略字です。

※「壯」は「壮」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ソウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「さか(ん)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「」、「さかり」、「さかん」、「そう」、
たけ」、「たけし」、「まさ」、「もり

画数

6画」(壮)

7画」(壯)

部首

①「爿・丬(しょうへん(爿偏))

「爿(丬)」を含む漢字一覧

②「士(さむらい、さむらいかんむり(士冠))

「士」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る