漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「桔」という漢字
「桔」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「桔」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「陰暦(旧暦)五月の別名

②「たちばな」(同意語:橘)

 ア:「普通のみかんより小さく、皮は黄色で薄く、酸味が強い
    日本で古くから栽培され、現在は山陰地方から北陸地方に
    みられる。


 イ:「みかん類の総称

 ウ:「四姓の一つ。

※四姓とは、源氏,平氏,藤原氏,橘氏の4氏の言う
  平安、鎌倉、室町時代の代表的な氏(血統を同じくする集団)
  であった。

③「桔槹(きっこう)は、柱の上に横木を渡し、その一端に石を、
  他の端につるべをつけて、井戸水を組み上げる仕掛け


④「桔梗(ききょう)は、山野に自生する多年生草。初秋に紫または
  白色の花をつける。秋の七草の一つ


成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「大地を覆う」の象形と「斧などの

刃物の象形と、口の象形(「めでたい事を祈る言葉」の意味)
」(めでたい

事を祈る儀式で刃物をまじないとして置くさまを表し、そこから、

よい(すぐれている・めでたい)」の意味)から、「めでたい木・

すぐれた木、たちばな
」を意味する「桔」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「キツ」、「ケツ」、「ケチ

訓読み:なし

画数

10画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る