漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「汐」という漢字
「汐」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「汐」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しお

 ア:「月や太陽の引力によってが一定の時間に満ちたり
    引いたりする現象。特に夕方のの昇降を言い、
    朝のの昇降を
というのに対する」、「うしお

 イ:「引きしお」、「干潮(面が低く下がりきった状態)

 ウ:「

 エ:「海流(の流れ)

 オ:「事をするのによい機会」(例:汐時)

 カ:「愛嬌(かわいらしいこと、人に好かれるような言葉・振る舞い)

 キ:「江戸時代,大坂新町の遊女の階級で、鹿恋(かこい)の次、
    影の上の位。


※遊女とは、歌や踊りにより客を楽しませ、客との性行為(子作りを
 する際に使用する性器を使った行為)をも行う女のを言います。

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「月の半ば

見える
」象形(「日暮れ」の意味)から、「夕方に起こる海水の昇降、しお

を意味する「汐」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「セキ

訓読み:「うしお」、「しお

名前(音読み・訓読み以外の読み):「きよ

画数

6画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る