漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「真/眞」という漢字
「真/眞」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「真」は小学3年生で習います。「眞」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(真)
意味

①「まこと

 ア:「いつわりではない事」、「本当の

 イ:「本物

 ウ:「正しい」、「正しいもの

②「まことに」、「本当に

③「自然のまま」(例:天真爛漫)

④「生まれつき」、「天性

⑤「もと」、「本質

⑥「自然の不思議

⑦「道家で奥義を極めた。また、その著書などに冠して用いる語

⑧「楷書(かいしょ)

⑨「物の姿」(例:写真)

日本のみで用いられる意味

⑩「ま(まこと、本当、真実)」(例:真に受ける)

⑪「接頭語

 ア:「正しい」、「まじめ」(例:真顔)

 イ:「まことの」、「うそいつわりのない」(例:真心)

 ウ:「正確・中央などの意味」(例:真正面、真夜中)

 エ:「完全な」、「まじりもない」(例:真水、真っ白)

 オ:「美しい、立派である等、ほめたたえる意味を表す
    (例:真清水、真弓、真鉄)

 カ:「ある種の生物などの標準的なものの意味を表す」(例:真鯉)

成り立ち

会意文字です(+)。「さじ」の象形と「鼎(かなえ)-中国の土器」の

象形から鼎に物を詰め、その中身が一杯になって「ほんもの・まこと」を

意味する「真」という漢字が成り立ちました。

※「真」は「眞」の略字です。

※「眞」は「真」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「シン

訓読み:「

常用漢字表外:「まこと

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あつ」、「さだ」、「さな」、「さね」、「ざね」、「ただ」、
ただし」、「ちか」、「なお」、「まき」、「まこ」、「まさ」、
ます」、「また」、「まな」、「」、「みち」、「もと

画数

10画」(真・眞)

部首

「真」の部首
①「十(じゅう)

「十」を含む漢字一覧

②「目(め、めへん(目偏))

「目」を含む漢字一覧

「眞」の部首
①「匕(さじ、さじのひ、ひ)

「匕」を含む漢字一覧

②「目(め、めへん(目偏))

「目」を含む漢字一覧

書き順・書き方(真)
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る