漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「解」という漢字
「解」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「解」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「とく

 ア:「動物などの体を切り裂く
   (例:解剖)

 イ:「ばらばらにする」(例:分解)

 ウ:「ほどく」、「束縛や不満・不信・疑惑などの感情を取り除く
   (例:解禁、解任、和解)

 エ:「の筋道をよくわかるように話して明らかにする」、
   「不明な点を明らかにする」(例:詳解、弁解)

②「とける

 ア:「結んであったものが 、自然とはなれたりゆるんだりする

 イ:「束縛から解放されて自由になる

 ウ:「気持ちが和らぐ

 エ:「わかる(さとる)」(例:理解)

③「通す」、「通る

④「易の六十四卦の1つ。困難が解消する

⑤「楽曲または、古体詩の一段落」(例:一解)

⑥「文体の。疑いを解消する内容のもの

⑦「会う」、「出会う

⑧「おこたる、なまける(すべきものをしないでおく)

⑨「謝る

⑩「止める」、「除く

日本のみで用いられる意味

⑪「とかす」(例:熱で氷を解かす)

⑫「ゲ(下位者から者に渡す公文書)

[解・溶の使い分け](とける・とかす・とく)

」・・・「ばらばらになる、疑問を解決する、束縛を除く、
      とけてなくなる。

      (例:結び目が解ける、問題を解く、鎖国が解ける、雪解け)

」・・・「個体が液体となる。液体と同化する。
      (例:砂糖が水に溶ける)

[分・解・判の使い分け](わかる)

「解」・・「複雑な事がはっきりする」(例:方程式が解る)

「判」・・「はっきりと区別出来る」(例:違いが判る、犯人が判る)

「分」・・「解」・「判」に置き換えて使う事ができる。また、
     人の言うこと・考えを理解して受け入れる際も「分」を
     使う。(例:国語の問題が分かる、冗談が分かる)

成り立ち

会意文字です(++)。「」の象形と「中が空になっている

固い角(つの)
」の象形と「角のある牛」の象形から、刀で牛を裂く

さまを表し、そこから、「とく」を意味する「解」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「カイ」、「

訓読み:「と(かす)」、「と(く)」、「と(ける)

常用漢字表外
さと(る)」、「ほぐ(れる)」、「ほつ(れる)」、
ほど(く)」、「ほど(ける)」、「わか(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「さとる」、「とき」、「ひろ

画数

13画

部首

角(かく、つの、つのへん(角偏))

「角」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る