漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「興」という漢字
「興」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「興」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おこる」、「たつ

 ア:「始まる」、「新たに生じる
   (例:勃興)

 イ:「盛んになる」、「栄え」、「奮い立つ(気力がみなぎる・盛ん
    になる)
」、「立ち上がる」(例:再興)

②「おこす」

 ア:「始める」、「発生させる

 イ:「盛んにする」、「奮い立たせる

 ウ:「引き立てる(元気づけて、力を出させる)」

 エ:「挙用する(下の地位にいたを上の地位にとりたてて使う)

③「喜ぶ」、「楽しむ

④「喜び」、「楽しみ」(例:余興)

⑤「詩経の六義の1つ。まず、自然界のある事を例えにして歌い、
  その後で、歌おうとする自分の気持ちを歌うもの。


[起・興の使い分け](おこす、おこる)

」・・・「立ち上がる」、「をおこす
      (例:寝た子を起こす、事件を起こす)

」・・・「はじまる」、「新たに生ずる」、「盛んになる
      (例:家を興す、国が興る)

成り立ち

会意文字です(舁+)。「4つの手」の象形(「4つの手で物をあげる」の

意味)と「上下2つの筒」の象形(同じ直径のつつが「あう・同じ」の意味)から、

力を合わせて物をあげるを意味し、そこから、「おこす」、「始める」、

よろこぶ」を意味する「興」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「キョウ」、「コウ

訓読み:「おこ(す)」、「おこ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おき」、「」、「さかり」、「さかん」、「さき」、「とも」、「ふか」、「ふさ

画数

16画

部首

①「𦥑(うす)

「臼・𦥑」を含む漢字一覧

②「八(は、はち、はちがしら(八頭))

「八」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る