漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「武」という漢字
「武」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「武」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「たけし(強いに対してひるむ
  ことなく積極的に向かって行くさま、
  意気が盛んで、勢いがあり強そう
  である)


②「威力

③「武人として正しく行動するの守るべき事柄」(例:武道)

④「戦乱をなくすこと

⑤「武器」、「兵器」(例:武庫)

⑥「もののふ(武士)(勇敢さ(勇気・積極性)を持って、主君に仕え、
  戦場で戦う人)
」、「つわもの(武器を取って戦う人、非常に強い戦士)

⑦「兵法」、「戦術」、「武芸」、「武道

⑧「あと

 ア:「足跡

 イ:「事業のあと」、「死んだ人が成し遂げた

⑨「しのぐ」、「越える

⑩「継ぐ

「一歩の半分の長さ」、「半歩」(例:歩武堂々)

⑫「舞楽の名前。周の武王がった舞楽

⑬「冠の下の部分を巻く物

⑭「金属製の楽器。鐘の類

成り立ち

会意文字です(戈+)。「矛(ほこ)」の象形と「立ち止まる」の象形

から、「矛を持って戦いに行く」を意味する「武」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「たけ(し)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いさ」、「いさむ」、「たけし」、「たける」、「たつ」、「ふか」、「

画数

8画

部首

①「弋(しきがまえ(式構)、よく)

「弋」を含む漢字一覧

②「止(とめる、とめへん(止偏))

「止」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る