漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「修」という漢字
「修」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「修」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おさめる

 ア:「正しくする」、「正しく整え」(例:修養)

 イ:「学ぶ」、「習う(教わる)」(例:必修、自修)

 ウ:「飾る」、「模様をつける」(例:修飾)

 エ:「直す」(例:修正、改修)

 オ:「行う」、「儀式を行う」(例:修法)

 カ:「書物を編む」(例:監修)

②「おさまる

 ア:「正しくなる」、「整う」、「立派になる」、「備わる

 イ:「行き届く

③「長い」(例:修竹)

④「良い」、「すぐれている

[納・収・修・治の使い分け](おさめる)

」・・・「正しくする、なおす。」(例:国を治める、病気を治す)

」・・・「入れるべき所に入れる。終わりにする。
     (例:税を納める、飲み納め)

」・・・「取りまとめる、静める、取り入れる。
      (例:紛争を収める、成功を収める、カメラに収める。

」・・・「学ぶ、身につける。」(例:学問を修める)

成り立ち

会意兼形声文字です(攸+彡)。「からの象形とボクッという音を

表す擬声語と右手の象形と水の省略形
」(人の背に水を流して手で洗うさま

から、「洗い清める」の意味)と「豊かでつややかな髪」の象形から、清めて

かざるの意味を表し、そこから、「おさめる」、「正しく整える」を意味する

「修」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「シュ」、「シュウ

訓読み:「おさ(まる)」、「おさ(める)

常用漢字表外:「かざ(る)」、「なが(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あつむ」、「おさ」、「おさむ」、「さね」、「なお」、「なが」、
ながき」、「ながし」、「のぶ」、「のり」、「ひさ」、「まさ」、
みち」、「もと」、「もろ」、「やす」、「よし」、「よしみ

画数

10画

部首

①「亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

②「彡(さんづくり(彡旁)、けかざり)

「彡」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る